ここさけアニメが地上波放送 感想は?

金曜ロードショーで「ここさけ」こと「心が叫びたがってるんだ。」が今やってますね!
実写化公開記念の地上波で初登場とのことで、話題になっていますね~。

 

アニメ好きからは実写化については賛否両論ですけど、『心が叫びたがってるんだ。』のアニメはアニメ!実写は実写の良さがあると思うんですよね~。

 

初めて見ましたが、感想を書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

実写やと現実的いうんかリアルいうんかこれはこれでええ青春映画になったんじゃない!
それにしても中島健人は王子様だったね。と荒川良々がええ味だしてたなぁ!

『心が叫びたがってるんだ。』は、誰もが言えずに心に閉じ込めてしまってることを、気持ちを、誰もが一度は聴いたことのあるメロディに乗せて、言葉を伝えようと、もがく若者たちの青春群像劇 ホントにいい作品だな。

それにしても、このお話の出だし。
「心が叫びたがってるんだ。」を観てる。ヒロイン?が小学生の頃、まだお喋りな頃、お城(ラブホだけどラブホと知らない)に憧れていて、近くに見に行ったら、助手席に母ではない人を乗せた父を目撃して、母に「お父さん王子様だったの~?♪」と報告したことで、親離婚。

んん~。複雑ですが。。。( ;∀;)

話の流れは面白いから、最初のところだけどうにかならないのかな www  最初がパンチ強すぎる気が。。。

 

「心が叫びたがってるんだ」は、甘酸っぱい青春モノかと思っていましたが、あくまでそれは結果として付いてきたものに過ぎなかったです。

アイデンティティの再構築と言いますが、自己実現/自己回復と言いますか、本当にこの映画のタイトルの通りだったよ。

 

心が叫びたがってるんだ見てるけど何かね、色々と考えさせられるなあみたいな 腕怪我してるハゲくんの事も、喋れないちびまるこちゃんの事も、美人ちゃんも、主人公くんもなんか色々と考えさせられますね。

 

ところで、、、乃木坂の『今、はなしたい誰かがいる』は「心が叫びたがってるんだ。」の主題歌だったんですね~。

とてもいい曲なんですけど、知らなかった!! ホントいい曲だから聞いて欲しいな!

今、話したい誰かがいる (ここさけ盤) [ 乃木坂46 ]

スポンサーリンク