野田あすか 天才ピアニストと発達障害|金スマ|7/28|TBS

野田あすかさんを知っていますか?上野樹里さん主演で大人気ドラマとなった「のだめカンタービレ」の主人公「のだめ」のモデルとなったと言われている女性です。

2017年7月28日で放送の「金曜日のスマたちへ」では、「発達障害を考える」の第2弾がテーマ。

自身の発達障害をカミングアウトした「栗原類」さんと共に出演して、野田あすかさんのこれまでを語ります。野田あすかさんの発達障害とはどういうものなのか、ピアノとの出会いなど気になりますよね?

 

こちらで紹介していますので、最後までご覧ください。

 

野田あすかさんとは、「のだめカンタービレ」の主人公「のだめ」のモデルとなったと言われている天才ピアニストです。

◆◆プロフィール◆◆

生年月日 1982年(現在34歳)
最終学歴 宮崎短期大学 中退
所属事務所「アスコム」

 

生まれながらの発達障害を持ちながらも、天才ピアニストになりました。

ただ、現在に至るまでには壮絶な半生を過ごしてきたそうです。野田あすかさんのこれまでとはどういったものだったんでしょうか?

野田あすかさんの発達障害とは?

野田あすかさんは発達障害があるそうです。どういった障害なんでしょうか?

野田あすかさんの障害は発達障害である「解離性障害」「自閉症スペクトラム障害」だそうです。

 

これは、人間関係のコミュニケーションが欠如する障害が出るそうで、そのために小さい頃から人間関係に苦しんだみたいです。

何度もいじめに遭っては、転校を繰り返してきたそうですが、学業にしっかり打ち込み優秀な成績を収めていたそうです。

 

 

野田あすかさんとピアノの出会い

野田あすかさんがピアノと出会ったのは4歳の頃だそうです。近所の音楽教室に通っていたそうです。

 

いじめられていたこともあり、野田あすかさんにとってピアノがよりどころになっていたんですね。あっという間にのめり込んでメキメキ上達したんですね~。

 

さらに、宮崎学園短期大学で長期履修生として音楽を学んでいた頃、恩師である田中幸子さんと出会ったことが野田あすかさんのその後を大きく変えたそうです。

今後、田中幸子さんの指導のもと、数々の賞を獲得していくことになりました。

 

スポンサーリンク

野田あすかさんの発達障害が分かったきっかけは?

高校生の頃にピアノに打ち込んでいたこともあり、周りからのいじめも落ち着いていましたが、大学に進学後また人間関係に悩むことになったそうです。

この、人間関係の悩みが野田あすかさんのストレスになりパニック障害の発作が起きてしまいました。

自宅二階から飛び降りて右足を粉砕骨折してしまったのです。

 

この出来事がきっかけで大学は中退することになり、ご両親のススメで受診したところ発達障害が分かったそうです。

この時22歳だったそうですが、もっと早くに分かっていたらそれまでの苦しみや悩みが少なかったかもと思うとちょっと残念ですね。

さいごに

いかがでしたか?発達障害と言っても、一口では説明できないほど、今は細かく分類されているそうです。

ただ、障害を持っていても苦手な部分は一部だけ、他は天才的に長けている人も多いのだとか。

 

まだまだ、理解が少ない発達障害ですが私も含め もっともっと理解が深まるといいなと思います。

 

そんな、野田あすかさんの本が出ています!優しい音色を聴けるCDブックです♪

発達障害のピアニストからの手紙 どうして、まわりとうまくいかないの? CDブック/野田あすか

 

 

スポンサーリンク