金スマ 野田あすかと発達障害|TBS|7/28

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』で野田あすかさんの特集やってますね、発達障害のピアニストの話。

発達障害の特集やっている。どんな編集になるのかわかりませんが、理解が深まればいいと思います。

 

スポンサーリンク

 

野田あすかさんは、天才ピアニストと言われていますが、実は楽譜が読めないそうです

そんな彼女は楽譜読めてなくて自分がわかる記号とか書き込んで覚えているそうです。

譜面を読んで階名をカタカナでメモ書きしてく、っていう方法をとってる。

 

御自身の苦手を大変な工夫で乗り切り、素晴らしい演奏をなさる 発達障害とか関係ない、この努力は感動に値すると思うんですよね。 素晴らしいと思います。

 

ただ。発達障害の人がみんなこんな天才ではないっていうのは知っておいてもらいたいよね。

どんな障害を持っていたとしても必ず活躍する場所は存在します。 どんな人にもです。

 

 野田あすかさんのピアノ…すごいこの人のピアノ好き。

 

 「ピアノは私じゃないけど、音は私です」 っていう言葉がすごい

 心で弾いてる感じがすごくあたたかい。生で聴いてみたいな。

 実際、発達障害でも特性を花開かせた ピアノの音色に涙する人が多いみたいですね。

 

ところで、野田あすかさんが、杖や車椅子を使用しているのは、大学生の頃対人関係に悩み、パニックを起こして自宅2階から飛び降りた際に右足粉砕骨折をしてしまったため。

スーパーでのお買い物の様子を撮影されていましたが、突発的なことや予定外の事が苦手。

 

 

いつもは一人で演奏している野田あすかさんが、初めてオーケストラとの共演。

音の洪水、人の洪水、そしてパニック。

 

練習の時から、すでにパニック状態でしたが本番は素晴らしい演奏でした!!

野田あすかさんのオリジナル曲「悲しみの向こう」。

 

聞いていて、涙が出てきました。

 

野田あすかさんの幼い喋り方や仕草は「解離性障害」の症状の一つである防衛本能

のようです。そして、発達障害の発見が遅れて二次障害を引き起こすことは少なくありません。

 

発達障害は少しでも早い診断・療育が重要なんだって、改めて思うね(´・ω・`) 頑張って、頑張って、ここまで生きてきたんだね。

 

これからも頑張って演奏を続けて欲しいです!!

そんな、野田あすかさんの本が出ています!優しい音色を聴けるCDブックです♪

発達障害のピアニストからの手紙 どうして、まわりとうまくいかないの? CDブック/野田あすか

 

 

スポンサーリンク