【ゲンキの時間】卵の新常識|9/24|TBS

2017年9月24日で放送の「ゲンキの時間」見ましたか?

色んな情報がある【卵】がテーマになっていましたよね~?

 

今日の【卵の新常識】とはどういう事なのか気になりますよね?こちらで紹介していますので、最後までご覧くださいね♪

 

スポンサーリンク

 

卵の素朴な質問

あまりにも身近な存在の卵。知ってるようで、知らないことが結構ありますね。

ここでは、卵に対する素朴な質問をまとめました。

 

たまごには旬がある?

⇒答えは「◎」

卵にも旬があるんです。涼しくなって親鳥が卵を産みやすくなるこれからの季節が最適。

 

卵はコレステロールが高い?

⇒答えは「×」

体内コレステロールは8割が肝臓で作られていて、食事からのコレステロールは2割程度。

そのため、卵のコレステロールは気にしなくていい。もし食事からとり過ぎても肝臓が調節してくれるそうです。

 

白卵と赤卵。どっちが栄養価が高い?

⇒殻の色と栄養価は関係ない。

殻の色は親鳥の品種で違ってくる。一般的に羽の色がからの色と同じと言われています。

 

黄身の色の濃淡で栄養価の違いがある?

⇒色の違いで栄養価に違いはない。

  黄色味が強いほど栄養価が高そうですが関係ありません。

 

卵のカラザは取ったほうがいい?

⇒とらない方がいい。

黄身にくっついた白い塊のカラザ。苦手な人も多いですが、あれは、黄身が卵の中心にいられるように保つための「バネ」の役目をしています。

カラザは体に侵入したウイルスを不活性化するシアル酸の塊だから取らない方がいい。

風邪やインフルエンザ予防にも有効です。

 

卵の賞味期限は?

卵は思ったよりも賞味期限が長いようです。

賞味期限を1ヶ月過ぎてても、しっかり加熱料理をすれば大丈夫だそうです!

ただ、その際は冷蔵保存していることが大事じゃないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

卵の栄養素

卵のアミノ酸組成はバランスが良くて、アミノ酸スコアが100点中100点!

高齢者こそ最適がタンパク源が卵。

 

【黄身】

高血圧を予防・改善するコリン・眼病予防効果のある抗酸化物質のルテイン

 

【白身】

脂質を含まないので低カロリー。

気忍苦増加の為に最適なアルブミンが豊富。

 

コレストロールの心配もないので、栄養素的には完全食といえます。

 

 

美味しい卵かけごはんの食べ方

 

卵料理といえば、だれでもできるのがTKGこと卵かけごはんですよね?

 

ごはんに直接卵と醤油をかけて、グルグル混ぜるのが定番ですが、もっとおいしく食べることができるんですよ!

 

【卵かけごはんをおいしく食べる方法】

  1. 白身と黄身を分ける。
  2. 白身だけご飯にかけて、あわだつくらいかき混ぜる。
  3. そのご飯の上に黄身と醤油を乗せて黄身を潰して食べる。

 

ポイントは「2」でしょうか?

泡立った白身効果で、ふんわり卵かけご飯となって、新触感だそうです!

 

 

スポンサーリンク

ゆで卵の殻のむき方に違いがあるのはどうして?

「ゆで卵」の画像検索結果

新しい卵の方が殻がくっついてむきにくい。

賞味期限ぎりぎりの方がツルッとむける。

 

「何で?」とこの違いが気になった人がいるんじゃないですか?

私も毎朝、ゆで卵を向いているのでツルっとむけたら気持ちいいけど、ボロボロになるときは朝からイライラしちゃって、この違いは何!?と思ってました。

 

ゆで卵の殻のむけかたの違いは?

ゆで卵の殻のむけ方の違いは、卵に含まれる二酸化炭素の違い

 

生まれたての卵は、二酸化炭素の含有率が高く、日にちが経つほど二酸化炭素が抜けていきます。

 

この二酸化炭素が抜けた、古い卵のほうが殻がむけやすいそうです。

 

ロケをしていたチャン・カワイさんによると古い卵のほうがプリッとした白身になっていて好みの食感だなぁ、って言ってましたね。

 

スポンサーリンク

 

卵の調理法・胃での消化時間が長い順は?

同じ卵でも、調理方法で消化時間に違いがあるのを知っていますか?

 

卵の消化時間ランキング~

 1位  茹で卵(3時間半)

 2位  卵焼き(3時間)

 3位  生卵(2時間半)

 4位  半熟卵(2時間)

 

固形になっているほうが、当然消化に時間がかかるのは分かるのですが。。。

生卵が半熟卵よりも消化時間が長いのが意外でしたね。

 

 

結局卵は1日に何個まで食べていいの?

ちょっと前までは、食べ過ぎは良くないから、卵は1日に1までしか食べちゃダメだといわれてましたが。。。

1日1個はもはや都市伝説!?のようです。卵は

 

たんぱく質を構成するアミノ酸のバランスは、食品ごとにアミノ酸スコアという数値で評価されるのですが、卵は100点中100点の完全食でした。

 

コレステロールの 心配もない上、タンパク質などの栄養価がトップクラスの高さの完全色なので、1日1個といわず数個食べても大丈夫です。

 

 

さいごに

いかがでしたか?身近な卵の新常識、面白かったですね~。

いつも、疑問に思っていたことが解決できた回でした!

 

 

スポンサーリンク