「家庭の医学」アカモク(ギバサ)が内臓脂肪を減らす|9/26|テレ朝

2017年9月26日で放送の「たけしの家庭の医学」見ましたか?海藻「アカモク」=「ギバサ」が内臓脂肪を減らすとして話題になっていましたね!

アカモク(ギバサ)って何?どんな成分があるの?こちらで紹介していますので、最後までご覧くださいね♪

 

「たけしの家庭の医学」で取り上げられていたアカモク(ギバサ)って聞いたことないけど、何なのかと気になります。

怪獣の名前???とか??

 

実は、アカモク(ギバサ)とは海藻の名前でした。

アカモクは「赤藻屑」と書くそうです。ギバサは秋田での呼び方のようです。

 

 

三重県ではクソタレモクて言われるくらい邪魔くそらしいかいそうですが(笑)

アカモクが正式名称みたいですよ。

 

 

アカモク(ギバサ)がダイエットに?

「たけしの家庭の医学」の番組内では、内臓脂肪を減らすためにはアカモクっていう海藻が効果的のようです。

 

フコキサンチン(ネバネバ成分)が脂肪を燃やすとか。

 

 

調べたらめかぶにも含まれているらしいです。

確かに、めかぶもネバネバしてますもんね~。

 

で、アカモクにはこのフコキサンチンが多く含まれていて、脂肪を燃やすことで内臓脂肪を減らしてくれるそうです。

内臓脂肪って、なかなか落ちないんですよね~。これは、うれしい情報です!!

 

 

アカモク(ギバサ)をどうやって食べる?

アカモク(ギバサ)は、このネバネバ感が特徴! クセのない味わいは、どんな料理とも相性抜群です。

一番手っ取り早いのは、細かくたたいてご飯に乗っけて食べることですね~。

味付けも自由自在なので、おいしく食べられますよね!

 

 

 

愛知県の小中学校(常滑)の給食では、しょっちゅう出てくるとかいう情報も。

 

麺類との相性もいいようで、とろろと合わせたり、つけ麺にしたりアレンジ自在です。

 

「美」になる海藻アカモク認知度向上へ 近大で新メニュー提供をされているそうです。

 

スポンサーリンク

アカモク(ギバサ)はどこで手に入る?

食べることで、内臓脂肪が減ったりダイエットになったりするなら、ぜひ食事に取り入れたいアカモク(ギバサ)ですが、私の住んでいる地域ではスーパーで見かけません。

 

いったいどこにあるんでしょう?と思ったら、こんな情報が。。。

 

 

やっぱり、全国で売ってるわけじゃないんですね。

 

と、いうことでお取り寄せや通販で購入できないか調べてみました。

 

 

 

 

 

これがまた、おいしそう!!

見つけたら、お土産にすっごくいいですね~。

 

さいごに

いかがでしたか?

おいしく食べるだけで、気になる内臓脂肪を落としてくれるなんて、美と健康両方をかなえてくれるスーパーフードですよね!

アカモク(ギバサ)と食べて、きれいに健康になれたらいいなと思いますね。

 

 

 

スポンサーリンク